通販型と代理店型

通販型と代理店型が存在します。

任意保険には、代理店型と通販型が現在存在します。

 

自動車保険は1914年日本初の自動車保険として東京海上から始まりました。
代理店型がその時の原型ではあるでしょうが、国内に自動車自体が珍しかったので今のような各地域に広がったのは1960年代から徐々に増加してきました。
現在日本国内の乗用車保有台数は6千万台を超えています。

 

代理店型

保険業法が改正される以前に一般的だった代理店を通して保険会社と契約する自動車損害保険です。
自動車損害保険代理店から外交員が訪問し、プロのアドバイスを受け補償内容を検討でき、代理店担当者が手続きを代行します。

 

通販型自動車保険

インターネット等を利用して契約者と保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険のことです。
テレビCMでよく耳にする「ダイレクト自動車保険」も同様です。
16年前に保険業法が改正され、各保険会社が保険料を自由に設定できるようになり普及しました。
保険料の低料金設定と、契約の手軽さで人気を集め、現在では数十社が通販型の自動車保険を展開しています。

 

あなたに相応しい通販型自動車保険を簡単入力で数十社の保険会社から数社に絞込んでくれる
無料のサービスを紹介しておきましょう。

 

無料一括見積もりサービスを活用して簡単にあなただけの自動車保険の組み立てが可能です。

 

▼【無料】一括見積もりサービスで賢い選択を!▼

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】




強制保険と任意保険て聞きますが?それってどう違うの?
強制保険は自賠責保険とも呼ばれます。公道を走る車は必ず契約が必要です。任意保険は契約は自由です。

>>>つづきはこちらから

自動車保険(任意保険)の契約に必要性を感じられないんですけど?
解ります!何もなければ必要性はないものです。1年間の掛け捨ての保険ですからもったいないということですよね。
しかし、交通事故を起こし加害者になった時、震える想いをするくらいなら・・・悪いことは言わんから契約しておいた方が・・・

>>>つづきはこちらから

代理店型と通販型って?
自動車保険は代理店が契約販売する保険とネット活用して契約販売する通販型(ダイレクト自動車保険)が存在します。
通販型は格安で契約できることと契約の手軽さなどで人気です。

>>>つづきはこちらから

なぜ?通販型は保険料が安いのか?
低料金設定を可能にしたのは付加保険料を削除した結果です。

>>>つづきはこちらから

通販型自動車保険の弱点は?
通販型自動車保険の弱点は事故対応と言われていますが、現在のサービスは凄いことに・・・・。

>>>つづきはこちらから

通販型自動車保険の保険料の違いは?
各保険会社が特色を生かしたサービスを展開しています。自分に相応しいサービスを探求しましょう!

>>>つづきはこちらから




カーライフを更に手厚く!JAFは便利です!


自動車保険は車に対する補償です。JAFは、ドライバー(人)に対してのサービスです!
あなたが自家用車でのトラブルは勿論、代車や知人の車でトラブルに見舞われた時でもJAFは救助に来てくれます!
バッテリー上がりやパンク交換、キー閉じ込みや燃料切れなどのトラブルがJAF会員なら無料で!
余り知られていませんが、タイヤチェーンの脱着や雪道やぬかるみからの引き上げ、自然災害が起因した事故や故障にも対応してくれ女性ドライバーや高齢ドライバーには必須ではないでしょうか!
自動車保険のロードサービスで対応できない作業もJAFなら可能です!
その他にも会員優待施設の利用割引や旅行などの割引サービスなど嬉しいサービスがいっぱい!です。

自動車保険のロードサービスは、契約の自動車だけに対応します。JAFは契約者が関わる車のトラブル全てに対応してくれます!ご家族も家族会員で安心カーライフ!!

JAF会員なら安心&充実のロードサービスが日本全国24時間、365日無料!